薬剤部

ホーム > 薬剤部

薬剤部について

薬剤部は、院内で扱われているあらゆる医薬品の供給と管理を行っています。
患者さまに処方された薬を正確に調剤し、それらの薬が適正に使用されるために有効性・安全性に関する情報を収集し、患者さまをはじめ医師、看護師等の医療スタッフにこれらの情報を提供しています。
また、入院患者さまのベッドサイドに伺い、患者さまが薬による治療を安心して受けられるよう薬剤師が薬の服用方法、効果、副作用などについて説明しています。

組織

薬剤室

処方箋に基づき、内服薬・外用薬・注射薬の調剤を行っています。
主に入院患者さんの調剤を行っていますが、外来患者さんであっても、院内製剤や特殊なお薬については院内で調剤を行うこともあります。年齢や体重、腎臓の機能等により適した薬の量であるかどうか、抗がん剤の投与スケジュール、薬の飲み合わせに注意を払い、安全に薬物療法が受けられるよう心がけています。

医薬情報室

医薬情報室には、医薬情報課と病棟業務課があり、医師や看護師からの問い合わせに応じたり、院内外に向けた専門的な情報発信をしたりしています。また、入院患者さんに対する薬剤管理指導を通じて医薬品の適正使用に貢献するとともに、様々な専門・認定薬剤師を輩出しています。

【認定薬剤師等】
日本医療薬学会 がん専門薬剤師
日本糖尿病療養指導士
日本臨床栄養代謝学会 NST専門療法士
日本医療薬学会 指導薬剤師
認定実務実習指導薬剤師
*日本医療学会がん専門薬剤師研修施設
*厚生労働省 医薬品・医療用具等安全性情報協力施設

供給室

病院内で使用する医薬品、医療器材、事務物品の購入と在庫管理を担う部署です。また、処置具などの滅菌業務、手術着やタオル類の洗濯業務、院内搬送業務も併せて担い、取り扱い物品が院内で円滑に使用できるよう業務に取り組んでいます。

「院外処方箋」の発行について

当院では今までも医薬分業に取り組んでまいりました。医薬分業の目的は、より質の高い医療サービスの提供、高齢化社会に向けてより安全な薬の利用、医療費の適正化があります。 医薬分業にご理解とご協力をよろしくお願い致します。

がん化学療法登録レジメンについて

当院では、化学療法委員会で承認されたレジメンを、電子カルテのレジメンオーダシステムに登録して使用しています。この中から、患者様に一番適したレジメンを医師が選択し治療を行っています。
がん化学療法のレジメンは、常に進化し続けていますので、定期的に見直しを行っています。以下に当院で使用しているがん化学療法レジメンをお示しします。

乳癌(PDF)

大腸癌(PDF)

胃癌(PDF)

膵臓癌(PDF)

胆道癌(PDF)

食道癌(PDF)

お問い合わせ先 0531-22-2131(代)内線 7140:化学療法担当薬剤師

JA愛知厚生連薬剤部新人教育資料

JA愛知厚生連8病院が合同で薬剤部教育担当者会議を開設しました。新人薬剤師のために資料を作成し、教育水準の向上に努めています。
きめ細かい教育システムにより、新人薬剤師のスキルアップをサポートしています。

教育資料のサンプル画像(PDF)

TIME INFORMATION
[受付時間]

平日:午前8時~11時30分

[診療時間]

午前8時30分〜

[休診日]

土曜日、日曜日、祝日及び8月15日、年末年始(12月30日〜1月3日)

お問い合わせ
0531-22-2131
〒441-3415 愛知県田原市神戸町赤石1番地1
アクセスはこちら