看護トピックス

ホーム > 採用情報 > 看護部について > 看護トピックス

看護部医療安全対策委員会

看護部医療安全対策委員会では、看護職員の医療安全意識を高め、安全な看護を提供するために以下の活動に取り組んでいます。

活動内容

  • 看護のアクシデント・インシデトの情報収集及び情報の共有・事例の分析
  • 再発防止のために対策を立案
  • 看護の医療安全の視点での業務手順見直しおよび検討討
  • 看護の医療安全のための教育プログラムの検討および実施
  • 看護の医療安全の視点での職場巡視

等に取り組んでいます。

当院では、患者さまに安全な医療を提供するために様々な取り組みを行っています。その一つとして、患者誤認防止活動があります。
当院を利用される患者さまの中には、同姓や似た名前の方が少なくありません。聞き間違いは誰にでもあり、例えば診察の順番を待っている時に、「次は自分の番だ!」と思っていると、違う人の名前を呼ばれても自分の名前に聞こえてしまう事もあります。そのため、患者さまのお名前違いが起きないよう、ご本人にお名前をフルネームで名乗っていただくことに、ご理解とご協力をお願いする患者誤認防止活動を行っています。
また、入院患者さまにはネームバンドの装着や、患者認証システム(PDA)を用いて患者誤認防止に努め、患者さまが安心して入院生活が送れるように日々努力しています。

看護部感染防止対策委員会

看護ケアに関わる領域において、患者さまや職員を医療関連感染から守るために活動を行っています。各部署に1名以上リンクナースが配置され、院内感染防止対策委員会や院内感染対策チーム(ICT)と連携し、現場のロールモデルとして感染対策を推進しています。

具体的な活動内容
  • 院内感染対策委員会やICTとの情報交換
  • 現場での感染対策の指導
  • 各部署の感染対策の実施状況点検(環境ラウンド)
  • 看護師対象の感染対策研修会や勉強会の企画・開催
  • サーベイランスの参加と結果のフィードバック

 

保健指導委員会

保健指導委員会は、生活習慣病予防の早期教育の場として各教室を開催し、「地域の皆様に健康的な生活を送っていただきたい」と願い活動しています。
糖尿病や高血圧の教室があり、医師・薬剤師・看護師など各専門職種からのアドバイスを受け、理学療法士からの運動療法体験ができます。興味のある方はお気軽にご参加ください。
そのほか、健康ニュースを発行し、保健指導に関する最新情報や委員会活動のアピールを行っています。

 

地域とのかかわり

「訪問看護とは」

「渥美病院 訪問看護ステーション」では、ご自宅や施設で生活する人に対し、住んでいる場所を訪問し、看護、ケア、点滴、ターミナルケア、リハビリ等のサービスを提供しています。住み慣れた場所で安心して過ごすことができるよう、看護師5名、理学療法士3名で支援します。住み慣れた自宅で安心して療養生活が送れるよう支援します。
*ターミナルケアとは、人生の最期におけるケアです。自分らしく過ごせるよう、積極的に支援していきたいと考えています。
在宅で最後まで自分らしく過ごしたい方を応援していきます。

訪問地域

田原市全域、豊橋市南部地域

営業日

月曜日から金曜日(但し、国民の祝日・年末年始・8月15日を除く)

営業時間

8時30分~17時

緊急時の連絡

24時間いつでも連絡が取れ、必要時には対応できる体制を取っております。

申し込み方法

申し込みや相談がある方は、主治医、退院支援相談員、看護師、ケアマネジャー等に相談してください。

JA愛知厚生連 渥美病院訪問看護ステーション
TEL:0531-22-9887 FAX:0531-22-6321

TIME INFORMATION
[受付時間]

平日:午前8時~11時30分

[診療時間]

午前8時30分〜

[休診日]

土曜日、日曜日、祝日及び8月15日、年末年始(12月30日〜1月3日)

お問い合わせ
0531-22-2131
〒441-3415 愛知県田原市神戸町赤石1番地1
アクセスはこちら