リハビリテーション技術科

ホーム > リハビリテーション技術科

リハビリテーション技術科について

当院のリハビリテーション技術科は、患者さまが住み慣れた地域でその人らしい生活が送れるようリハビリを行っています。対象は、急性期から生活期・終末期と様々なライフステージであり、理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)が各々の専門性を活かしながら患者さま一人一人に寄り添えるよう協力し合っています。
また、同一事業所内の訪問リハビリ・通所リハビリ・老健と連携を図り、退院後を見据えた支援を行っています。

組織

脳卒中チーム

脳卒中発症後、急性期リハビリテーションを入院当日もしくは翌日から開始します。手足が動かしにくい、歩けない、言葉がしゃべりにくい患者さまに対して早期の日常生活動作の獲得を目指し、電気療法や装具療法を用いた機能訓練や歩行訓練を積極的に行っています。

整形外科チーム

大腿骨頚部骨折や橈骨遠位端骨折、変形性関節症、五十肩、脊髄損傷など様々な運動器疾患を対象としています。入院当日もしくは手術翌日から介入し退院後安心した生活が送れるよう、怪我をした部位のみならず全身状態を捉えリハビリを提供しています。

 

生活総合チーム

急性期病棟での訓練にて積み上げてきた能力を実際の生活に反映できるよう、地域包括ケア病棟の専属リハビリスタッフが病棟内でリハビリを提供しています。また、外出訓練や家事動作訓練、家族指導を積極的に行ったり、多職種と密な連携を図ることで退院後の不安を解消できるよう取り組んでいます。

心臓チーム

心疾患の再発予防のため、心機能訓練や生活習慣指導を入院・外来の患者さまに提供しています。

呼吸チーム

急性及び慢性の呼吸器疾患や在宅酸素導入時の呼吸訓練・排痰訓練を行っています。

嚥下チーム

飲み込む力が低下してしまった患者さまが、安心して食事を取れるように関わっています。

がんチーム

手術を受けられる患者さまに対して、術後の合併症や体力低下の予防を目的に術前より関わっています。また、緩和期の患者さまの苦痛の軽減やトイレ・食事動作などについても関わっています。

小児チーム

主に自閉スペクトラム症のお子様や言葉に遅れのあるお子様に対し、言葉の訓練や身体の使い方の訓練をST・OTが行っています。 また、歩行機能の発達に遅れがあり、専門施設で装具などが処方されているお子様に対しPTも介入しています。

医療関係者への案内

現在、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を募集しています。
当院は田原市唯一の総合病院であり、多様な疾患がリハビリの対象となります。また、急性期病棟・地域包括ケア病棟・療養病棟を有しているため、急性期から回復期、維持期と多岐にわたるライフステージに介入することになります。多くのことを学び、経験できる職場です。
就職希望の方は、募集要項をご参照下さい。

 

TIME INFORMATION
[受付時間]

平日:午前8時~11時30分

[診療時間]

午前8時30分〜

[休診日]

土曜日、日曜日、祝日及び8月15日、年末年始(12月30日〜1月3日)

お問い合わせ
0531-22-2131
〒441-3415 愛知県田原市神戸町赤石1番地1
アクセスはこちら