職員インタビュー

元気に退院していく姿を
見送ることが私のやりがい
看護部(4階東病棟) / 看護師
SHIMAZAKI MISATOA
島崎 美里
2015年入職
人と関わることが好きだったことから看護師になることが夢でした
渥美病院を知ったきっかけ
看護専門学校に渥美病院の病院推薦で入学することになり、その際に知りました。
渥美病院に入職を決めた理由
幼い頃から身内に看護師がいたことや人と関わることが好きだったことから看護師になることが夢でした。看護専門学校へ入学する際、地元の豊橋市から通える距離でもある渥美病院へ入職することを約束に推薦入学しました。
職場の先輩方も新人であった私を優しく迎えてくれた
実際に入ってみてどうだったか
学生時代に実習に参加した他病院に比べると地域柄ご高齢の方が多い印象を受けました。同じ患者さまが入退院を繰り返すことも多く、いつしか患者さまと顔見知りになったりと暖かな雰囲気です。職場の先輩方も新人であった私を優しく迎えてくださり入職して良かったと感じています。
お互いがお互いをフォローしあうチームワークの良さ
入職してからどうやって仕事の流れを覚えたか
渥美病院ではプリセプター・コーチ制度が教育システムとして導入されていて研修も頻繁に行われます。先輩方から教わることはもちろんですが、担当でコーチをしてくださっていた先輩に依頼し病棟内での勉強会開催を促したり、同僚で学習資料を持ち寄って集まったりと自主的な活動を行うことでも業務を身につけていきました。
今の職場の環境は
私が現在所属している4階東病棟は気を利かせ、的確な助言をくださる頼れる先輩や、私を慕ってくれる後輩達の存在がありとても人間関係の良い職場です。緊急対応時などは動けるスタッフが自ら動き、お互いがお互いをフォローしあうチームワークの良さもあり常々働きやすい環境だと実感します。
日々新しいことを覚えられることが仕事のモチベーション
なぜ今までこの職場でこの仕事を続けてこられたのか
私は一度部署異動を経験しています。以前は終末期の患者さまと接することが多かった部署でしたが、現在所属している部署では急性期の患者さまと接することが多くその業務内容は以前とは全く異なります。異動直後は戸惑うこともありましたが業務を覚えるにつれ病棟や診療科ごとの特色を目の当たりにします。入職当初は興味がなかった分野にも興味を持ち始め日々新しいことを覚えられることが仕事のモチベーションになっています。また、いざというとき相談できる同僚の存在があり、現在まで仕事を続けてこられた大きな要因となっています。

求職者へのメッセージ MESSAGE

例えばご高齢でも農作業をされている方がおり怪我や疾患で入院されることがあります。そういった方が復帰するためには看護師として何ができるかを常に考えて業務に努め、元気に退院していく姿を見送ることができたときに私はこの仕事にすごくやりがいを感じます。渥美病院につとめることに興味を持っていただいた方がいれば、研修や説明会等に是非足を運ばれてみてはいかがでしょうか。